イオングループ労働組合連合会   イオングループ労働組合連合会

トップ > お知らせ

お知らせ

2022年07月01日   UAゼンセン 第11回定期大会代議員告示
UAゼンセン規約第10条・第11条、第11条の2および大会代議員選出規則にのっとり、第11回定期大会代議員について、次の通り告示する。

1.【大会代議員の立候補資格について】
以下の条件の一つ以上満たしていること。
(1)加盟組合で定められた組合役員歴が通算で2年以上あること。(2022年7月1日正午時点)
(2)割当区分での組合員歴が通算3年以上あり、かつ、同区分の組合員10人以上の書面による推薦を受けること。
(3)加盟組合または加盟単位の執行機関の推薦を受けた者。

2.【大会代議員選挙の選挙権を有する組合員の範囲について】  
告示日の時点で、加盟組合の組合員資格を有している者。

3.【大会代議員立候補について】 
(1)立候補受付期間 :2022年7月1日から7月14日
(2)立候補届出書の書式 : UAゼンセンホームページの「会員用ホームページ」に掲載の指定の届出書
(3)立候補届出書の提出先: 「イオングループ労働組合連合会 総務財務局」

4.【大会代議員数】     
イオングループ労働組合連合会より39名(うち女性12名)                                       
以上
2022年06月20日   第38期 第7回 中央執行委員会
2022年6月20日(月)、CIVI研修センター日本橋にて、リモートを併用した第38期第7回中央執行委員会を開催しました。中央三役・役員65名のうち62名の出席をもって中央執行委員会は成立し、諮られた議案は承認されました。チャレンジ2022の今後の取り組みについて、第38期活動方針の総括について、グループごとにディスカッションを行いました。
2022年05月09日   第38期 第6回 中央執行委員会
2022年5月9日(月)、CIVI研修センター日本橋にて、リモートを併用した第38期第6回中央執行委員会を開催しました。中央三役・役員65名のうち59名の出席をもって中央執行委員会は成立し、諮られた議案は承認されました。また、中央執行委員セミナーとしてUAゼンセン短時間組合員局 永井局長より「就業調整を意識しない税・社会保険等のあり方」について講義をいただき、理解を深めることができました。
2022年04月08日   第38期 第5回 中央執行委員会
2022年4月8日(金)、CIVI研修センター日本橋にて、リモートを併用した第38期第5回中央執行委員会を開催しました。中央三役・役員66名のうち64名の出席をもって中央執行委員会は成立し、諮られた議案は承認されました。また、中央執行委員セミナーとして「金融リテラシー教育」の推進についてイオンフィナンシャルサービス様にご講義をいただき、理解を深めました。
2022年02月09日   第38期 第4回 中央執行委員会
2022年2月9日(水)、CIVI研修センター日本橋にて、リモートを併用した第38期第4回中央執行委員会を開催しました。中央三役・役員66名のうち62名の出席をもって中央執行委員会は成立し、諮られた議案はすべて承認されました。本日、中央闘争委員会が設置され、いよいよ労働条件闘争がスタートしました。また、中央執行委員会セミナーとして、UAゼンセン共済事業局 長岡部長よりゼンセン共済の説明をいただき、UAゼンセン共済の理解を深めました。組合員の可処分所得を増やすためにも積極的に紹介をしていきます。
2022年01月24日   第38期 第2回 書記長会議
2022年1月24日(月)、CIVI研修センター日本橋にて、リモートを併用した第38期第2回書記長会議を開催しました。書記長会議では、これからスタートする労働条件闘争に向けて、闘争方針、および具体的要求項目について理解を深めました。あわせて、今交渉の中でイオン労連がポイントにおいている、生産性向上の取り組みについて理解を深めるとともに、3単組からの事例報告を通じて単組の要求作成時の参考となりました。
2022年01月14日   第38期 第3回 中央執行委員会
2022年1月14日(金)、CIVI研修センター日本橋にて、リモートを併用した第38期第3回中央執行委員会を開催しました。中央三役・役員66名のうち64名の出席をもって中央執行委員会は成立し、諮られた議案はすべて承認されました。チャレンジ2022の進捗状況について共有し、今後の取り組みについて確認しました。また、新たなグループ労使関係のあり方について、労働協約の基本的な考え方や今後の専門委員会の進め方等を議論しました。最後に、2022統一労働条件闘争に向けた労連としての方針を確認しました。

過去のお知らせ

私たちは応援しています

ページのトップへ戻る